×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

PoP×冥探偵日誌 5


望田少女の創作ノート



 その放課後、夕陽に照らされている二人は向かい合っていた。
 広塚は眼鏡の向こう側にいる、クラスメイトの望田を見つめていた。夕陽のせいなのか、それとも本当にそうなのか、望田の頬は赤く染まっている。
「広、塚……」
「何だよ?」
 広塚は内心感じている心臓の高鳴りを押さえながら、望田に尋ねる。望田は何かを言いかけて、でも躊躇った。
「何だよ、何でも聞くから。変な話以外は」
「その…私を、連れて行って」
 望田のまっすぐな瞳が、広塚を映す。そして、望田は言葉を続けた。
「私を、甲子園に連れて行って!」
 ……残念なことに、広塚はテニス部であった。


―――望田少女の創作ノート


 広塚が望田に頼まれたのは甲子園に、ではなく高橋探偵事務所に連れて行って欲しいということであった。突然の甲子園発言は「前から言ってみたかった!」という望田のネタであった。
「はあ、もっちーがねえ」
 広塚はことの有り様を中田と水市に説明した。
「何で、望田がしゅーちゃんに会いたいわけ?」
 水市が呆れた顔をして、広塚に尋ねる。その表情の理由には呆れだけじゃなく、内心関わりあいたくないというものも入っている。
「なんか、前のカラオケ事件のレポート見たらしくって」
「あのレポート…?」
 中田がぴくりと眉を動かした。カラオケ事件、といえば広塚たちにとっての悲劇のあの事件である。それと望田がイコールで結ばれる意味が解からない。
「っていうか、望田何処で見たんだ?」
「掃除中に小野の机の中身落した時に発見したんだと。それで、レポートに書いてた高橋さんについてが気になったらしい」
「しゅーちゃんが?」
 中田と水市が息をそろえて言う。確かにしゅーちゃんこと高橋柊一朗には謎が多い。特に外見年齢。
「でも、何故にもっちーが?」
「何か、創作のネタにするとかどうとか言ってたぞ」
「創作……ねえ。俺たちにはついていけない領域だな」
 大きくあくびをしながら、水市が言う。その言葉に、中田と広塚は強く頷く。
「ま、いいんじゃないの。行ってくれば?」
「あれ、二人とも行かないのか?」
 中田の言葉に、広塚は尋ねる。
「俺、日曜日大会。で、土曜もその前日の一日練習です」
「俺は土曜日試合。日曜日は家族の用事」
「え、って事は……」
「望田一人に行かせるわけにはいかないだろ?」
 水市が微笑む。隣の中田もにやりと笑って、人差し指を立てた。
「広塚ともっちーのデートって事だな!」
「でっ、で……デートだあ!?」
 広塚が、大げさに叫んだ。

「お友達?」
 広塚の突然の電話に、柊一朗は素直に驚いた。
「えっと、その広塚君のお友達が、どうして僕に?」
『あー…、なんかよくわからないんですけど…創作のネタがどうとか…』
「創作?」
『多分、小説か何かを書いてるんだろうと思うんですけど、それの参考にするとかなんとか』
「へえー」
 最近の中学生はそんな事もするのか、柊一朗の中学時代はそんな事をしている同級生はいなかった。しかし、彼には自分が創作のネタになる要素がないように思えた。
『探偵ってどんなのか知りたいそうです』
「ああ、なるほど」
 なかなか探偵と言うものは身近にないものである。中学生にとって探偵はちょっとした芸能人みたいなものだ。少しそれに浮かれていた柊一朗は広塚の頼みを受け入れた。そんな浮かれている柊一朗を見て碧乃が白い目を向ける。
「先生、浮かれすぎですよ」
「え? そんなつもりはないんだけどなあ」
「よくいますよね、そういう話を書いている子って」
「いるものなの?」
 柊一朗が碧乃の言葉に驚き、尋ねる。碧乃は小さくため息をついた。
「ジェネレーションギャップですね、先生」

 そんなこんなで約束の日曜日がやってきた。
「デートじゃねえぞ、デートじゃねえぞ、デートじゃねえぞ」
 広塚は待ち合わせ時間より三十分ほど前に、駅にやってきていた。その間、ずっとその単語を呟いている。
「お前は何をしている」
「違うからな!! 俺はデートをするために来たんじゃないからな!!」
 アーディスが現れたことへのツッコミもせず、普段なら叫ばないような大声で広塚はアーディスに言った。おかげで、周りの通行人たちから怪しいものを見る目で見られていた。しかし、そんな視線にも気付けないほど広塚は緊張しているのであった。アーディスは広塚にいつも以上の冷たい視線を送った。
「少し落ち着いたらどうだ」
「そう、だよな……別にデートに来たわけじゃないし」
「そこのベンチにでも座れ」
「そうだな……別にデートに来たわけじゃないし」
「…深呼吸でもしろ」
「すぅ…はああああ……落ち着いた、かも。別にデートに来たわけじゃないし」
 アーディスの頬の筋肉がぴくぴくと動く。眉間に皺が寄っていて、普段ではありえないほど怒りを露わにしている。先ほどからこいつは何を緊張しているのだ。全く理解できない。語尾に変なものをつけるな。そんな怒りがアーディスの冷たい表情の深層でごった煮になっているのだ。一発殴ってやろうか、とアーディスが思ったときだった。
「ひ、広塚!」
 慌てて来たような女子の声。広塚が顔を上げると、走る望田の姿があった。頬を赤らめて、望田は広塚に手を振る。このシュチュエーション、完全にデート。
「ま、待たせた?!」
「いや、全然平気。行くか」
「うん!」
 さっさと歩き出す広塚を追いかけるようにぱたぱたと走る望田。そんな二人の姿を見てアーディスはため息をついた。
「面倒なものだな」
 そう言いながら、アーディスは二人の背中に向かって歩き出していた。

「ここが、探偵事務所……」
 目から光が零れて落ちそうなぐらい、望田は目を輝かせてその雑居ビルを見た。端から見ればただのビルなのだが、望田にはそれが豪邸にでも見えているのだろう。広塚はそう考えた。
「え、でも本当に私行っていいの? 大丈夫?」
「大丈夫も何も…高橋さんも割りとノリノリだったし」
 先日、柊一朗に電話をかけたことを広塚は思い出す。カラオケの時とは比べ物にならないぐらい、楽しそうであった。もしかして望田の創作をなんかの取材と勘違いしてるんじゃないか、と広塚が思うぐらいであった。
「ねえ、高橋さんってどんな人?」
「どんな……」
 広塚は柊一朗のことを思い出す。穏やかな声、笑顔。見た目からは想像できない年齢。中田と水市、碧乃やなる子にペースを持っていかれるほどのヘタレ…げふんげふん。
「いい人だよ、うん。すっげーいい人」

「ようこそ、高橋探偵事務所へ」
 あ、これは浮かれている。望田と広塚が事務所に入った瞬間に言った柊一朗の声を聞いて、碧乃は本能的に思った。普段なら絶対ここまで言わないでしょ、え、私のとき言いましたっけ? などなど思い碧乃は呆れた表情を浮べた。
「はっ、初めましてっ! 広塚の友人の望田明莉と申します!」
 広塚の隣の望田が顔を真っ赤にして大きく礼をした。何故顔が赤くなったのか、望田の隣の広塚は理解出来ずにいた。
「本当にいきなりすみません。押しかけちゃって」
「いや、いいよ。僕に出来る事なら、なんでも」
 キラッ☆ そんな感じの効果音が似合いそうな笑顔を柊一朗は望田に向けた。さらに望田の顔は赤くなり、とうとう耳までも赤くなった。その様子を見て、広塚は若干柊一朗にも望田にも引いていた。とりあえず、話が通じそうな碧乃に話し掛けた。
「えっと、何が起きたんですか…高橋さん」
「完全に浮かれちゃってるのよ、先生」
 碧乃はため息混じりにそう言った。「全く何盛り上がってるんだろうねえ」と困ったような笑顔を浮べて碧乃は広塚にソファーに座るように勧めた。その頃、柊一朗も同じように望田に勧めていた。
「あ、そうだ。お土産持ってきたんです!」
 そう言って、望田は持ってきた鞄から何かを取り出す。中から出てきたのは洋菓子セットだった。
「わざわざ…ありがとう、望田さん」
「いえっ…そんな……」
 肩を小さくして、望田は完全にぶりっ子ポーズを取った。学校でぎゃあぎゃあと騒いだり、オタクちっくな話をしたりする望田明莉の姿からは連想できないその様子を見て、広塚は完全に引いていた。先ほどまで、彼女とのデートがどうこうと緊張していた姿はもう失われていた。柊一朗の隣に座る碧乃も、広塚と同様に引いていた。その矛先は柊一朗であるが。普段の依頼受ける表情とはかけ離れている。やっぱり先生はロリ……などと少し危ない考えをしていた。
「碧乃君、何考えてる…?」
「え、そんな。先生がろ…んっ、んんぅ」
 無理に咳払いをして、碧乃は立ち上がる。「お茶持ってきますねー」と言って上手く逃げたのだった。そんな碧乃の様子を見て柊一朗は苦笑いを浮かべ、すぐに爽やかな笑顔で望田の方を向いた。
「それで、僕に聞きたい事って?」
「えっ、あ、はい!」
 望田はまた鞄から何かを取り出す。大学ノートであった。何か文字がびっちりと書かれている。
「何、それ?」
 広塚はそのノートを初めて見た。授業に使うものとは少し違うように見えたからである。望田はノートの表紙を広塚に向ける。
「ネタ帳でーす」
 表紙には丸に『も』と書かれている。ネタ帳、と聞くとどうしても芸人的なイメージしかわかない広塚にとって、それは未知の領域であった。
「何が書いてるんだよ」
「そこは気にしなくていいことでーす。で、高橋さん!」
 広塚に向ける表情と柊一朗に向ける表情が全く違う望田。女ってどうしてそんなに表情をころころ変えれるんだろう、と広塚は呆れていた。一方望田はノートを開いてペンを取り出す。
「それで、お話聞かせていただいてよろしいでしょうか?」
「どんな話をすればいいかな」
「えっと、まずどんな依頼を受けられるか…あの、本当に幽霊関係って受けられるんですか?」
 意外と普通だ。広塚は望田の質問を聞いてそう思う。そして碧乃がお茶を持って帰ってきて、三人の前に置く。しかし、望田はまっすぐ柊一朗を見つめて、質問を続ける。
「望田さん、真剣だね」
「そうですねー…あんな顔初めて見た」
 碧乃の言葉に広塚は素直な感想を述べた。望田の一つ一つの質問に答える柊一朗もすごいな、とも思った。
「そんなに創作って面白いのかなー」
「さあ…私も詳しくは知らないけど…でも、望田さんのあの様子からは楽しそうだよね」
 碧乃がくすりと笑いながら広塚に言う。二人がそんな会話をしている間にも、望田はネタ帳に素早くメモを書く。隣からその中身を広塚は見たが、正直綺麗な文字には思えなかった。しかも、謎の記号のようなものが書かれていて、広塚だけではなく一般人にも解読できないだろう。
「あ、そだ。お菓子どうぞ食べてください、折角持ってきたし! あ、広塚も食べて食べて」
 望田の声色は明るい。柊一朗と話している間に、望田は最初に抱いていた不安や緊張は飛んでいったしまったようだ。高橋さんってやっぱりすごい、と広塚は柊一朗を見た。そんな視線に気づいてない様子で、柊一朗は望田が持ってきた洋菓子セットの中のクッキーを取り出す。
「こんな高そうなもの、わざわざ悪いね」
「いえいえ! 家に置いてたら兄貴が勝手に全部食べちゃいますから。それなら皆さんで食べたほうがいいし」
 そう言って、望田もクッキーを食べる。確かに洋菓子セットはすこし高級そうなものであった。これを一人で食べる望田の兄貴って……と広塚は小さいケーキを食べながら思った。
「お茶もありがとうございます。とっても美味しいです」
 望田が微笑み碧乃に言った。出たな、営業スマイル。広塚がそう思う横で、お茶を入れた碧乃は少し嬉しそうに「いえいえー」と手を振っている。本当に表と裏の顔の使い分けが恐ろしいほど出来てるな、広塚は望田を横目で見ながらため息をついた。
「それで、質問続けてもよろしいですか?」
「うん、どうぞ」
 望田はノートのページをめくりながら質問を探している。そのとき、望田を見ていた広塚の目にその場に合わない何かが映った。白い、手? その手は、静かに望田の持ってきたお菓子セットに伸びていた。
「待てぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇっ!!!!!」
 突然の広塚の叫びに、碧乃も柊一朗も望田も、そして手を伸ばした本人、アーディスも驚いて広塚を見た。
「ひろ、つか………君?」
 ぱちぱちと瞬きをする柊一朗。何故叫んだのか理解できていないようだ。もちろん、それは残る碧乃と望田も同じである。それから、望田が小さく言った。
「もしかして、私が……高橋さんの昔の恋愛事情を聞こうとしたから?」
 その言葉に飲んでいた茶を吹きかけたのは柊一朗だった。碧乃が「マジで?」と若干興味有り気に望田に尋ねる。広塚の叫びはどうやらうまく誤魔化せたようだ。
「そ、それもあるけど、いや、それはいかんだろう望田! じゃなくって、高橋さん!」
「は、はい?」
「と、芹川さんも!」
「はいっ?」
 突然名前を呼ばれた柊一朗と碧乃はぴくりと肩を揺らして返事をした。広塚は数秒ほど黙って、二人の顔を見た。それから、不機嫌そうに広塚を見つめているアーディスの顔も。
「あの、ちょっとお二人に相談したいことがあるのですがー……」
 広塚の言葉を聞いて柊一朗はアーディスとノートを持ってぼんやりとしている望田に向けた。それで、なるほどと納得した。一方碧乃はよくわかっていない様子で首をかしげているが、柊一朗が何かをわかっているのだけは理解できた。
「望田さん、少しいいかな? 広塚君の話を聞きたいから、ね」
 キラッ☆ 爽やかな柊一朗の笑顔を見て、望田はぼーっと赤く頬を染めた。「ど、どうぞっ」と望田は声を裏返しながらそう言った。それを見て柊一朗は広塚と碧乃、そしてアーディスをすぐそばにある書斎へと入れた。
「どうやら望田さんにはアーディスさんが見えていないようだね」
 柊一朗の言葉に広塚は何度も何度も頷いた。碧乃が驚いたように瞬きをしている。
「そうなの? てっきり、広塚君のお友達だからそういう関係かと…」
「あの、俺のこと何だと思ってますか、芹川さん……」
 広塚は肩をガクリと落としながら呟いた。そんな広塚を見て柊一朗が小さく笑った。
「そんな風に言ったらダメだよ、碧乃君。それで、望田さんに言ってないの?」
「えっと…あんまり望田を巻き込みたくないんですよ。俺自身も危ない目にも遭ってるから……」
 その言葉を聞いて碧乃は微笑んだ。
「青春だねえ、広塚君」
「せ、せ!?」
「いや、深くは語らなくていいよ。いやあ、青春ですねえ、先生」
「こらこら、碧乃君。広塚君をからかわないの」
 大人二人がそう言っている間に、広塚は顔を下に向けて赤くしていた。そんな姿を見て、碧乃は若々しいなあ、と少し面白く思っていた。絶対先生にはありえないシュチュエーションだな、などとも思った。
「そういう事なんで、アーディス。絶対、変な動きするなよ」
「何が変な動きだ。私はただ食べようと」
「後で俺がいくらでも買ってやるから、今は…頼むから、本っ当に静かにしといてくれ。いつも通りでいい」
 広塚の言葉を聞いて、さらにアーディスの表情は不機嫌そうなものになっていた。と、感じたのは広塚だけであって、同じようにアーディスの顔を見ていた柊一朗には全くわからなかった。
「本当に買ってくれるのか」
「買う! だから、頼む!!」
 ぱんと手を当てて広塚はアーディスに頼んだ。その様子を見て、アーディスは「絶対だ」と一言残して消えた。
「……なんだか大変だね、広塚君」
「なんか、ものすごく疲れました……」
 碧乃の言葉に苦笑いを浮べて、そう言った。そして、三人が書斎を出て望田の待つ部屋に向かおうとした。
「………嘘だろ」
 そこには、広塚にとって悪夢が映っていた。

「おやおや、これは広塚君ではないですか!」
 その明るく可愛らしい声を聞いて、広塚は意識が少しずつ遠のいていくのを感じていた。声の主は、もちろんなる子であった。
「ひっ、広塚すごいなあ!! こんな可愛い方とお友達だなんて!!」
「かわ……?!」
 望田の言葉に広塚は驚いていた。外見はツインテールに、大きな瞳。見た目は少し幼く見えるが、それがまた小動物のような可愛らしさを出しているのだろう。しかし、広塚の知っている如月なる子はそんな外見とはかけ離れたパワフルさと破天荒さを持っているのである。あくまでも、広塚が感じたイメージであって、本人がそこまでかは……。
「可愛いだなんて、そんな、照れちゃうなあー!」
「私はお世辞いえない性質ですから! 出来るものなら、お持ちかえ…んんぅっ!!」
 今、確実に望田の口から女子中学生として不適切な発言が出かけた。広塚はそれを聞こえなかったことにした。いちいち気にしていたら自分の身が持たないことを理解しているのである。
「それで、如月さんはどうして…?」
「実はまた新しい写真が撮れたので、高橋さんに見てもらうと思いまして!」
 なる子は誇らしげにそう言って、写真を取り出した。風景の写真が主だが、そこにはどこか不思議な影が映っている。
「……毎回思うけど、如月さんってよく撮れてるね」
 写真を受け取り、柊一朗はそう呟く。そんな様子を望田が興味津々げに見つめている。
「どんな写真ですか?」
「明莉ちゃんも見る?」
 なる子に名前を呼ばれるほどいつの間に仲良くなったんだ、と広塚は思いながら望田がなる子から受け取った写真を一緒に見る。
「へえー…すごい、この白い玉とかですか?」
「うーん、それは光の反射かな。どちらかと言うとこの辺とか」
 柊一朗が望田の持つ写真の一部を指さす。しかし、望田には何も見えない。
「うー……?」
「ほら、ここにもあんじゃん」
 広塚も柊一朗と同じように一部分を指差した。それもやはり望田には見えない。
「えええええ? 広塚、適当言ってるでしょ」
 広塚にそう言った関係のことがあることを知らない望田は疑わしい声をあげた。その望田の反応に、柊一朗と碧乃は苦笑いを浮べた。なる子が「そういえば」と広塚の方を向いた。
「広塚君がいると言う事は、アーディっ?!」
 なる子の言葉を碧乃がなる子の肩をぽんと叩くことによって区切った。
「……先輩?」
「あー、あ、なる子ちゃん? ちょっと話しがあるから来てくれる?」
 何とかアーディスのことは誤魔化せた、碧乃はなる子を半ば強引に書斎へと引っ張った。碧乃の行為に広塚は心の中で拍手を贈っていた。望田は頭に小さな疑問符を浮べながら書斎に入っていった二人を見ていた。
「それで、望田さん。話を戻そうか」
「あっ、は、はい!」
 柊一朗の言葉に、望田は再びノートを広げた。

「本当に今日はありがとうございました!」
 にこにこ微笑む望田と少し疲れ気味の広塚。と、言うのも望田の取材の途中から碧乃に事情を聞いたなる子が帰ってきたからである。帰ってきたら最後、なる子のマシンガンオカルトトークは止まらないのだ。それは広塚だけでなく、望田も柊一朗にも向けられた。しかしそれを望田は受け止め、さらには追及し始めたのだ。もうそこまで来たらなる子を止められることは出来ない。取材されていたはずの柊一朗そっちのけで暴走少女たちは話を展開していた。
「い、いえ……あんまり参考にならなかったかな…」
「いえいえいえいえいえ!! すっごく参考になりました! 素敵なお話聞けて、よかったです」
 目を輝かせて、望田は言った。その表情を見た柊一朗も微笑んだ。
「如月先輩も、ありがとうございました!! またお話聞かせてください!!」
 望田は柊一朗たちに深く礼をした。隣の広塚も同じように礼をする。
「それでは、失礼します!」
 そんなこんなで、望田の取材は終わったのであった。

「で、結局話は書けたのかよ」
 翌日の学校、広塚は机でうつ伏せている望田に声をかけた。望田はゆっくりと顔を上げて、広塚を見る。その目の下にはうっすらと隈が見える。
「えっと、望田……?」
「書いた。昨日はマジで神が降りたから書いた」
 神……? 意味がよくわかっていない広塚は望田が取り出した紙を受け取った。びっちりと文字が記されている、どうやら小説のようだ。
「すげ。昨日だけで書いたのか?」
「うん。神が降りたから」
「あの、神って何だよ……?」
「ネタの神様。きっと、もう降りてこない」
 望田はかすれた声でそう言ってまた机にへばりついた。その様子を少し不気味に思いながら、広塚は文字を読み始めた。内容はわりと普通の探偵モノ、というか何でも屋みたいな話である。幽霊、おばけ、そんな単語が出るたびに広塚はなんとなく悲しくなった。
「……俺の読むタイプとは違うわ」
 読み終わった広塚の結論はそれだった。倒れこんでいる望田の机の中に紙を入れて、広塚は自分の席に戻った。
「た、たかはし……さ……」
 望田は机の上で眠りながらそう呟いていた。その口元は、幸せそうに上がっている。

END


■桃月ユイさまのサイト 【Seven Color ☆ Scenery】
キューイチ事件の後日談、今回はもっちーこと望田さんが登場です!
もうナイスキャラすぎて、そして小ネタがおもしろすぎて吹きっぱなしでした。
特に某ヘタレの「キラッ☆」二連発には大爆笑。
桃月さんの書かれる先生は、本編よりもさわやかアイドル(笑)なのに、
しっかりばっちり先生していてすばらしいですなあ!
この小説を読んだおかげで、私にも神・降・臨☆ しそうな勢いです。
桃月さん、楽しすぎるお話を本当にありがとうございましたっ!

ちなみにこのお話を元に藍川が描かせていただいたイラストはこちら

BACK冥探偵TOP