×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

PoP×冥探偵日誌 7


小野少年の不思議追加録



 このまま何も起きるなよ。煙草の煙を口から吐き出しながら佐伯渉はあたりを見た。時刻は午後八時を過ぎたところ。空は真っ暗になっていたが、駅前なので明るい光で溢れている。そして、若者も多く溢れている。
「夜なのに元気なことだな…」
 携帯吸殻入れに煙草のかすを入れて、佐伯は背伸びをする。よしよし、何も起きない。そう思っていたが、佐伯の目はある人物を見逃さなかった。黒い髪、黒い上下の服。間違いなく、学生。その姿はここ一週間見続けている。
「くそ、出やがったな」
 佐伯の呟きが騒がしい人ごみの中で聞こえたのかどうか定かではないが、その学生はハッとして佐伯を見た。
「げっ!!」
「今日こそ逃がさねえぞ!!」
 学生が逃げ出したと同時に佐伯も人ごみをかき分けて走り出す。体力にはそれなりに自信のある佐伯だが、目の前を走る学生はさらに速く走る。若いって、ずるい。そんな事を思いながらも佐伯は足を動かす。
「さえっきー! 俺何もしてないからね!! 言っとくけど!!」
「お前は夜にふらふらしてる時点で補導の対象なんだよ! あと、さえっきーって言うな!!」
 夜の街を叫びながら中学生と刑事は走る。


―――小野少年の不思議追加録


 とある金曜日。
 ぐったり。目の前にいる男にはその言葉がぴったりだ、と柊一朗は思った。事務所に入ってきたなり「もうやだー!」と叫び、さらには応接用のソファーに倒れこんだ友人、佐伯の姿を見てため息をついた。
「何、また上司の話?」
「そうだよ! あんのロリコン眼鏡、何を思ったか俺を補導員にしやがったんだぜ!?」
 がばっと起き上がった佐伯に柊一朗は少し身を引きながら驚いた。起き上がったかと思えば再びソファーに顔をうずめる。
「ろ、ロリコンって……」
「あー、あの笑顔思い出しただけでも腹だたしい!!」
 足をばたつかせる部分、まだまだ元気だなあと柊一朗は茶をすすりながら佐伯を見つめた。
「あれ、そういや今日、石蕗くんとか芹川さんは?」
「碧乃君は今日、友達と食事会。石蕗は買い物だって」
「へー」
 ぼんやりと佐伯は顔を上げて窓の外を見る。夕方、空が白くなって鳥が黒く羽ばたいている。ああ、平和ってこんな事を言うんだろうなー……佐伯は小さく幸せそうに微笑んだ。
「……佐伯、気持ち悪い」
「うっせー。お前には俺の苦しみがわかんねえから、こんな風な日々の平和が理解できないんだよ」
 ここ一週間、夜になったら中学生と本気の鬼ごっこを繰り広げている佐伯はつかれきっているのだ。その上、昼には昼の仕事があり、さらに上司の爽やかなる笑顔と共に繰り広げられる嫌味を受け取らなければならない。心身共にぼろぼろなのである。
「いいじゃん、お前のところ芹川さんみたいなかわいい子いるし」
「なっ!?」
 佐伯の小さな呟きに大きな反応を示した柊一朗。危うく持っていたお茶が読みかけの書類にかかるところであった。その反応を見て佐伯はさらににやりと笑う。
「いやー。シュウ、お前って、本っ当に相変わらずだな」
「何がだ!」
「何でもねえよー。はっはっはっは」
「佐伯!」
 柊一朗が顔を赤くして怒鳴った時、事務所のドアがノックされる音が聞こえた。柊一朗は立ち上がってドアの方まで歩き、寝転がっていた佐伯は起き上がって背筋を伸ばして座る。
「あ、久しぶりだね」
「どもー! 実はしゅーちゃんに頼みたいことがあってさあ」
 誰だ……? 佐伯は玄関から聞こえる会話に耳を立てた。しかもしゅーちゃんってどんな呼ばれ方されてんだよ!と笑いを堪えながらその客を待つ。声色からして、柊一朗よりもはるかに年下の少年だろう。
「ああ、ごめんね。今知り合いが来てて」
「いや、俺が押しかけちゃったから悪いっすよ。それにしゅーちゃんの知り合いとか気になるし」
 楽しそうな声が近付いてきたので、佐伯は振り向く。
「シュウ、どんな知り合いなん…だ……よ…」
「……あ」
 突然言葉が止まった二人の顔を見比べて、柊一朗は困惑の表情を浮べた。「どうしたの?」と言いかけた瞬間
「「ああああああああああああああああああああ!!!!!!!」」
 ほぼ垂直のジェットコースターを落ちた時のような大絶叫が事務所に響いた。
「うっわー、さえっきーじゃん! 何してんの?!」
 楽しそうにいうのはやって来たばかりの小野勇。のん気に「やっほー!」と佐伯に手を振っている。一方の佐伯は立ち上がって震える指で小野を指している。
「なっ、ななななんでおおおおま、おまえぇぇぇ!?」
「佐伯、小野君に失礼だろ。と、言うより二人は知り合い?」
「補導される身と補導する身でーっす」
「明るく言うなあ!!」
 なるほど、最近の佐伯のストレスは彼にあったのか……と柊一朗は小野を見る。一方の小野も柊一朗を見つめている。
「しゅーちゃんって、さえっきーと友だちなわけ?」
「あー、うん。学生時代の同級生の佐伯…っていうか知ってるんだよね」
「もち。何度捕まったか!」
 誇らしげに胸を張る小野に柊一朗は呆れの視線を送る。佐伯は「胸を張るな!」と的確なツッコミを入れる。
「って言うかなお前! 何度も言わせるなよ、ここ、長月中の校区外だからな!! 学校は?!」
「あ、俺学校帰りにこっち来たから。ほら、制服のまんまでしょ?」
「学校帰りに校区外に来る奴がいるか!!」
 佐伯のツッコミが美しいくらい的確に入る。なんだか平和だなあ、と柊一朗は温かい目で小野と佐伯を見た。
「シュウ! お前もこいつらが長月の生徒って知ってたなら、注意しろよ!」
「え、あー……」
 知っていたといえば知っていたけどなあ…と思ったが小野が潤んだ瞳で柊一朗を見てくるので「いや、知らなかったよ。普段は私服で来るから」と苦笑いで答えた。
「普段はいいとしてもなあ………制服で校区外に来る奴がいるか!」
「俺の先輩なんか制服で暴れまくってたんだぜ!」
「だからそれは自慢じゃねえ!!」
「まあまあ、佐伯落ち着いて。とりあえず、二人とも座って座って」
 柊一朗に言われて小野と佐伯は向かい合うように座った。どっちに座ればいいかわからなくなった柊一朗は中立を表す意味で仕事用の机に着く。
「ともかくここまで来ちゃったんだから話だけは聞いてもいいかな。佐伯」
「まあ、まだ昼間だから許すけどなあ……でもお前、最近夜中にふらふらしすぎだろ」
「だって、悔しいじゃん!」
 突然小野が拳を握り、そう叫んだので柊一朗と佐伯はお互いの顔を見て、それから小野を見た。
「悔しい、って何が?」
「七不思議の数! 九重はもう三桁近いのに、長月は全然ないんすよー」
 七不思議、その単語を聞いて佐伯の眉がぴくりと動いた。
「七不思議、だと?」
「うん。さえっきー知らない?」
「……シュウ、何でお前の周りってそういう系統の人間が集まるんだよ。もしかしてお前、オカルトホイホイ?」
「何それ……」
 そんな害虫ホイホイと同じレベルにしないでよ、と柊一朗はため息をつく。しかし気が付いてみれば確かに佐伯の言う通りである。碧乃、なる子、石蕗…それに広塚や中田、水市も同じだろう。それもこれも体質のせいだろう、多分。少しだけ、切ない。
「それで、何でわざわざこっちに来たわけ? 長月の七不思議を作るなら長月ですればいいのに…」
「それが先輩に出動命令出されまして」
 小野が困ったように笑う。先輩、と聞いて誠明高校に通う都市伝説研究解明同好会の会長である如月なる子の姿を柊一朗は思い出していた。けれど、彼女なら小野を使わず自ら調査をするだろう。
「先輩って、如月さん?」
「いや、月原高校ってご存知ですか? あの、俺たちのほうにある」
「ああ、あの進学校か」
 小野の問いに佐伯が答える。補導員になったおかげでこの周辺の中学校や高校のことを知る事が出来た。あまり知っても嬉しい情報ではないが。
「そこのオカ研会長の先輩に命令されたんっすよ。何が何でも先に九重の七不思議の謎を調べろって」
「…へ、へえ……」
 小野の言うオカ研会長もなる子に負けず劣らず個性的な人だなあと柊一朗は苦笑いを浮べる。その間にも佐伯の眉間には深い皺が寄っている。
「おい、小野」
「何、さえっきー」
「お前さ、そんな非科学的なこと信じてるわけ?」
「はぁ!? まさかさえっきー信じてないとか言うわけ?!」
 熱い小野の言葉に対して冷たい佐伯の目は正反対のものである。もちろん、柊一朗はその佐伯の反応は予想していた。佐伯がそう言った類を信じているはずがないことを、長い付き合いの間で理解している。
「うわー、マジさえっきーロマンがない。人生の八割がた残念な過ごし方してるよ、それ」
「まだ俺の半分程度しか人生過ごしてない奴に残念なんて言われたかねえよ」
 ばちばちと小野と佐伯の間に火花が散っている、ように柊一朗は見えた。どことなく似ているけれど、根本は真反対の二人である。自分と佐伯もなかなか反対のタイプだと思うのだけれど、ここまで正反対の二人もいないだろう。柊一朗は感心し始めていた。
「まあ、話を戻そうか。それで、小野君は何を調べに?」
「そう! まだなる子先輩も入手してない、オカ研会長が入手した情報があるんすよ」
 だから君たちはどこからそんな情報を……柊一朗と佐伯は呆れたような困ったような顔をした。
「その情報って?」
「男にしか聞こえない、少女の声。女には全く聞こえないんだけど、男にははっきりわかる」
 小野はポケットから取り出した小さなメモを見ながらその情報を語る。
「それで、自分の意志に関係なく歩いてしまうとか。でも途中で元に戻るらしいけどね」
「はあ……よくある都市伝説ですねー」
 どうでもよさそうに佐伯が言うと、小野がギッと睨む。が、すぐに顔を柊一朗に向けて瞳をうるうると潤ませ、上目遣いを使った。
「それでね、しゅーちゃん」
「う、ん?」
「一緒に調べてほしいの」
「ちょっと待て!!」
 佐伯の止めに小野が小さく舌打ちした。佐伯は引きつった笑顔を浮べて小野を見ている。
「お前、今、なんて言った?」
「しゅーちゃんに、一緒に調べてほしいって言ったよ」
「言ったよ、じゃねえよ!! まさか、今からって言うわけないよな?」
「今から」
「ふざけんな!」
 外はもう少しで真っ暗になりそうである。もちろんそんな時間に中学生、それも校区外の学生を出歩かせる訳にいかない佐伯は窓の外を指差す。
「お前、外の風景が見えるか? もう夜だ。中学生よ、さっさと帰れ!」
「だから、しゅーちゃんいるならいいでしょ?」
「いい訳無いだろうが!」
「だって前にさえっきー、保護者やそれに代わる人がいれば夜にこっち来てもいいって言ったじゃん」
 小野の言葉に「え?!」と声をあげる佐伯。それを見た小野はにやりと笑って鞄から何かを取り出す。
「小野君、それは……」
「ボイスレコーダー。常に持っといてよかった」
 柊一朗の問いに答えた小野は再生ボタンを押した。しばらく雑音がして、音がクリアになる。そこで出てきた声は柊一朗の目の前にいる二人のものだった。
『いいじゃん、別にケンカしに来た訳でもないし』
『ケンカどうこうじゃなくてな、お前が長月中の生徒って言う事が問題なんだよ』
『じゃあどうすれば夜に外でていいんですかあ?』
『保護者か、それに代わる大人がいればいくらでもいいけどな』
 佐伯は大きく目を開き、「嘘だろ……」と呟いた。小野は巻き戻しボタンを押して、もう一度再生をした。
『保護者か、それに代わる大人がいればいくらでもいいけどな』
「ね?」
 小野の微笑みに柊一朗は苦笑いを浮べるしかなかった。中学生なのによくここまでやるなあ、と感心していた。

 結局佐伯は小野の録音された自分の声に負けたが、ただで外に出させるわけには行かないと言って佐伯もその調査についていくことになった。そして三人は瀬々良木駅に向かっていた。
「シュウのことだ、絶対小野に言い包められて勝手にどっか行かせそうだからな」
「言い包める?! そんな、僕が成人男性にそんなことが出来るとお思いなのですか、佐伯さん!」
「俺、思ってないこといえない性質だから」
 まるで中学生同士の会話だ。佐伯と小野の会話を聞きながら柊一朗は保護者になったように感じた。これがヘタレといわれる理由なのだろうか……少し真剣に考え始めた。
「さえっきーも暇だね。俺よりもっと悪いことしてる皆さんいっぱい居るのに」
「お前ほど面倒な奴はいないって補導員の中では有名なんだよ」
「俺なんか超普通の方じゃん! 俺の先輩の友達なんて喧嘩とナンパしか中学時代してなかったって言ってたよ」
「だーかーら、お前の先輩とか先輩の友達はどうでもいいって言ってるだろ。全く……」
「まあまあ。でもさ、三人居れば誰かその声に気付くよねー」
 小野の言葉に佐伯は疲れきった様なため息をついた。駅周辺に向かうと、週末と言う事で人々はどこか楽しそうな顔をしている。それを見ると余計に空しくなる佐伯であった。
「シュウ、お前いっつもこんな依頼を受けてんのか?」
「いつも、って訳じゃないよ…」
 柊一朗は先日受けた依頼を思い出す。浮気を調査したら真っ黒。しかも何故か男と女二人揃って探偵事務所に来たものだから、柊一朗の目の前で二人が喧嘩を始めた。喧嘩と言うよりもあれは修羅場。ちょうどそのとき碧乃も石蕗も居らず、柊一朗一人で対応しようとしたが、無理だった。二人が落ち着いた頃、柊一朗はぼろぼろになっていた。精神的にも、肉体的にも。
「いいなあ、シュウって。ストレスなさそう」
「いや、佐伯はあの修羅場を知らないからそんな事が言えるんだよ」
 三十代の男二人は大きくため息をついた。唯一の十代、小野は真剣な顔でメモを見ながら歩く。
「えーっと、確か前に聞いた人はこの辺って言ってたし……それから、この辺、この辺……」
 ほぼ小野が進む道をついて行く状態の柊一朗たちは、駅周辺にある建物の裏側を歩いていた。ただでさえあたりは暗いというのに、建物の裏ということで街灯もなくビルの明かりもないため不気味な暗さを漂わせている。
「何かいい感じの暗さだね、さえっきー」
「俺に同意を求めんな。大体、暗さにいいも悪いもあるか」
「しゅーちゃんはわかってくれるよねー?」
「うーん…難しい質問だねえ」
 そういう柊一朗だったが、その暗闇の中に何か不気味なものを感じていた。どうやら小野の噂は本当だったのだろう。そう思ったときだった。
『…れ……か』
 背中に冷たいものを感じた柊一朗と佐伯は同時に振り向いた。二人の突然の行動に小野がきょとんとした顔をする。どうやら何も感じていないらしい。
「もしかして聞こえた、とか?!」
「そ、空耳だ! 今日は人も多いからな!!」
 佐伯が自分に言い聞かせるように叫ぶが、その姿を見た小野は「すげえ!!」と楽しそうにはしゃいでいる。一方の柊一朗は、先ほどまでの困ったような表情をすっと消していた。
「……」
 暗闇を睨むように見つめる。その奥には、確実に何かがいる。
「だから、空耳! なあ、しゅ……シュウ?!」
 柊一朗は走り出していた。突然走り出してしまった柊一朗に、佐伯と小野は一瞬動けなくなった。
「しゅーちゃん、どこ行くの?!」
「おい、シュウ!!」
 二人も慌てて、柊一朗を追うため暗闇に向かって走る。二人の叫びが聞こえていない柊一朗は、ただ真っ直ぐに何かを感じる方向に走っていた。暗闇に入るたびに、柊一朗の耳に声が響く。
『れ…………か、…と……って……』
 かすれて消えてしまいそうな少女の声。その声に導かれるように柊一朗は裏路地を右に曲り左に曲り……そしてゴミ置き場のような行き止まりにたどり着いた。複雑な道筋だったためか、柊一朗を追っていた佐伯と小野はまだ来ていない。
『だ……れ、か………』
 誰かを求める少女の声。ここは一体何処だろう、と柊一朗があたりを見回した。そこで柊一朗は気付いた。騒がしいビルの裏側の中でも、もっとも騒がしい場所。
「ここは……」
『だれ……か、……あ、……し、と……』
 声が少しずつクリアになる。あたりに響くのは、人々の歌声。柊一朗の目の前に、半透明の少女が現れた。
『誰かあたしと歌ってぇぇぇぇぇぇ――――――――――!!!!!』
「や、やっぱり佳夏さんだ、ね……」
 先ほどまでの真剣な顔はどこへやら。柊一朗の表情はいつも通りの困った笑顔に元通りである。そして、その困った笑顔の元凶、半透明な少女…佳夏は柊一朗の顔を見ると『あの時の!』と明るい笑顔を浮べた。
 あの時、それは柊一朗も巻き込まれたカラオケボックス『エリア91』で起きた怪奇現象事件である。現象の原因は柊一朗の目の前でニコニコ笑っている生霊の佳夏であるが、事件が解決した後本来の体に戻ったはずだ。ちなみに現在地は『エリア91』の裏側である。
「どうして、佳夏さんは……そんな姿で?」
『それがさ、体に戻ったのはいいけどテストや模試三昧。カラオケどころじゃなくなって』
「まさかストレスで幽体離脱……」
 そんなバカな、と柊一朗は思ったけれど前回の例を考えればありえないこともないだろうと考えた。世の中は不思議でいっぱいなのだ。
「それはいいとしても、佳夏さん。やっぱり長く体を離れるのはいけないと思うよ」
『わかってるけどダメ。何か、もう歌いたくて仕方ないのよねー』
 あっはっは、と笑う半透明少女に柊一朗は少し呆れが入ったため息をついた。まあ、小野の言っていた話は彼女が原因ということで事件解決だ。柊一朗は少し安心していた。
 が、事件はまだ解決していなかった。
「なんだ……?」
 再び柊一朗を襲う悪寒。佳夏の声を聞いたときに感じたものとは違う、不気味さがある。
『……力を……』
 柊一朗が顔を上げた瞬間、
「しゅーちゃんあぶねえ!!!!」
 突然腕を引かれ、誰かと衝突。それから、何かが地面にぶつかる激しい音がした。
「さ、えき…?」
「あっぶねー…、お前、あれに当たってたぞ…」
 柊一朗の腕を引いたのは佐伯だった。そして、佐伯のいう「あれ」とは壁際に置いていたはずのゴミ箱。つい先ほどまで柊一朗の立っていた場所に、まるで高いところから落とされたかのようにあった。ゴミ箱は凹んでいて中身のゴミが散乱している。
「あいつのおかげな。あの叫びなかったら何も出来なかった」
 佐伯が苦笑いを浮べて小野を指差す。小野はにっこりと笑ってピースまでしていた。
「っつーか今の何?! どうやってぶっ飛んだの!?」
「風風風風! それ以外にありえねえよ!! ……って」
 佐伯が叫んだ瞬間、本当に風は吹いた。しかしその風は、尋常ではないほど強かった。
「うおぉ!?」
「どうやって吹いてんのこの風?!」
 強風に一同は目が開けなくなる。柊一朗は必死で目をあけて佳夏の姿を探した。
「よし…か……さ」
『きゃあああああああ!!!!!!』
 甲高い少女の叫び声。柊一朗が風の中で目を開くと、佳夏とその隣に黒っぽい何かがいた。佳夏は目に涙を溜めながらその黒い何かから逃げようとしていた。
「佳夏さん!!」
 柊一朗が叫ぶと、黒い何かは柊一朗のほうを見た。禍々しい何かによって柊一朗の体は動かなくなる。黒い何かはすっと柊一朗に手を向けた。
『力を……力、を……!』
 動けない柊一朗の目の前に、白色が広がる。ただその出来事を見つめることしか出来なかった。
そしてはじけるような音がした瞬間、風が止んだ。
「……び、っくりしたー……」
 風が止んだのを確認して、小野は顔を上げる。周りにはゴミや新聞紙が散乱していて、風の強さを表していた。佐伯も呆然としてあたりを見ている。
「何だったんだ、今の…」
「しゅーちゃん、大丈夫?」
 小野が柊一朗に尋ねると、柊一朗はしばらく返事をしなかった。
「…しゅーちゃん?」
「あ、…う、うん。大丈夫だよ」
「どうしたんだ、シュウ? 何か変だぞ」
「もしかしてやっぱり何かいちゃったとか?!」
 楽しそうな声をあげる小野を見て、佐伯はげっそりとした顔をした。やっぱりそう言った類を信じないのである。
「だからな、今のは偶然吹いただけだ!」
「偶然であんな突風ありえるもんじゃないよ!」
「春一番だって偶然だろ! それと一緒だ!!」
 ぎゃあぎゃあと子どものように言い争いをする佐伯と小野を苦笑しながら見て、隣の人物に小さく声をかけた。
「えっと、ありがとう…アーディスさん」
 そこにいたのは白いフードに銀髪銀目を持つ人ならざるモノ、アーディスだった。いつも通りの無表情を浮べて小野と佐伯の言い争いを見つめている。
「PoPが現れたら送るまでだ」
「それでも、助けてくれたでしょ?」
「……」
 柊一朗の笑顔を見て、アーディスはそっぽを向いた。無表情の奥に何が映っているかわからない柊一朗は機嫌を損ねてしまったか、と思った。それからアーディスは視線を変えて少し上を見る。
「お前はそろそろ戻ったらどうだ」
『うっ』
 上にいたのは佳夏だった。引きつった表情を浮べてふよふよと漂っている。
『うー…でも、か、カラオケ…。あ!!』
 佳夏はいいもの見つけた! と言わんばかりの勢いでふわりと飛んだ。そして、いい争いをする佐伯と小野の目の前で着地。二人にはニコニコ笑う佳夏の姿は見えていないのだろう。
『あたし、この人とオールナイトしたら戻るわ!』
 佳夏の人差し指の先には、ぴたりと動きを止めた佐伯がいた。どうやら、とり憑かれたらしい。
「な、なんだ……?」
「どしたの、さえっきー?」
「寒い……し、何か……あれ……?」
 がく、がくとぎこちない歩き方で佐伯は動き出した。「嘘だろ?!」と叫んでいる間にも佐伯はどこかへ向かい始めている。小野がそれを楽しそうに「待ってー」と言って追いかける。
「待て待て待て待て!!! 何でだ?!」
 柊一朗たちも後を追うと、佐伯はぎこちない歩きのままでカラオケ店『エリア91』に入ろうとしていた。
「あ、さえっきーカラオケ?! 俺もいくー!」
「違う!! 俺は行く気なんて……! シュウ、早く助けろ―――――――!!!!!」
 佐伯の悲痛な叫びはカラオケ店の騒がしさと町の騒音に消える。まあ、佐伯だし大丈夫だろう、柊一朗は泣きそうな佐伯を見送った。隣のアーディスは無表情の中にも呆れた表情を浮べているのが、柊一朗にもわかった。
「あの女、簡単に死ぬことはなさそうだな」
「確かに……」


 言うまでもないが佐伯は後日、とある眼鏡上司から爽やか笑顔の嫌味攻撃を大量に与えられた。
 小野も小野で、とあるオカルト研究会会長からこっぴどくしごかれたらしい。

 ともかくこの事件、すっきりしたのは佳夏だけのようである。

END


■桃月ユイさまのサイト 【Seven Color ☆ Scenery】
小野くん最強伝説。さすが長月の鬼はだてじゃないぜ!
というわけで、桃月さんより六周年&誕生日のお祝いにいただいた、コラボ小説第七弾。
いや〜、小野くんはほんといいキャラですねえ。(いい性格してるとも言う)
振りまわされっぱなしの佐伯さんに笑いが止まりませんでした。
超常現象を必死に否定しようとする姿が、本編以上に彼らしくてさすがです。
そしてまさかの生霊少女・佳夏再登場☆ 予想外すぎます!(笑)
桃月さん、にぎやかで楽しいお話を本当に本当にありがとうございました!!

BACK冥探偵TOP